北海道自動車情報誌「カーピアCelhome(セロム)」は寒冷地の視点で車の特徴を紹介|発行:株式会社イベント工学研究所

編集新世紀

2018年8月+9月 盛夏号

  • 本号の誌面で紹介しているように当社の「創立40周年、カーピアセロム創刊35周年記念」として、「いつか氏×車浮代氏 トークイベント」を10月6日(土)午後2時からロイトンホテル札幌で開催します。当社ではチラシなどで受講者を募集しているところですが、講演者のいつか氏と車浮代氏についての問い合せがありますので、オフィシャルサイトから両氏を紹介します。お二人とも北海道は初出演ですので、フレッシュさと個性的なインパクトで受講者を魅了すること間違いがありません。
  • いつか氏
     東京生まれ。10代から広告・出版業界で、コピーライターとしてキャリアを積んだ後、2003年に作家デビュー。著書は電子書籍を含め、50冊を超える。恋愛・結婚についての辛口エッセーやビジネスマンの成功と孤独に焦点をあてたビジネス書など、幅広いジャンルの執筆活動をしている。
     また20歳の時、叔母を訪ねて渡米したことがきっかけで、旅行作家として世界50カ国以上を駆け巡り、各国、各界に多彩な人脈を持つ。テレビ・ラジオ出演、講演、トークショーなどでも活躍中。「角川いつか」として上梓した著書は多数。著書累計50万部突破。
     いつか氏の著書は、いずれもタイトルからしてユニークで面白い。まず、別れのシリーズ:『別れたほうがイイ男、手放してはいけないイイ男』(PHP 研究所)、『やっぱり!別れたほうがイイ男』(PHP 研究所)、『別れの流儀』(PHP 研究所)がある。恋愛・結婚シリーズでは、あなたは、幸せになれないんじゃない。幸せを妨げているものを知らないだけと記す『わたし幸せじゃないの?』(経済界)がある。
     さらに『結婚できない10の習慣「婚差値40」の女』(PHP 研究所)、『恋の品格』(白夜書房)、『ゼッタイ、必ず、大丈夫!--幸せをつかむ心のキメ方58』(経済界)、『男を上げるとびっきりのイイ女 男を下げるとんでもナイ女』(ぶんか社)。ビジネス書には、あなたの成功を喜ばない人たちへの処方箋『ガラスの天井のひらきかた』(ベストセラーズ)、ワンランク上のサービスや扱いを受けたい、と思っている人たちに向け、一流のサービスを自分の身に引き寄せ、それらをスマートに使いこなすためのテクニックとコツを伝える『一流のサービスを受ける人になる方法』(日本経済新聞社出版社)はベストセラーだ。「成功する男はみな非常である」(PHP研究所/だいわ文庫)は含蓄のある書物の一冊。
  • 車 浮代氏
     江戸文化、特に浮世絵と江戸料理に造詣が深い。大阪出身。大阪芸術大学デザイン学科卒業。映画監督・新藤兼人氏に師事し、シナリオを学ぶ。現在は作家のいつか氏に師事。職歴:東洋紙業株式会社(アートディレクター)、セイコーエプソン株式会社(グラフィックデザイナー)国際浮世絵学会会員。趣味は多彩というか器用なタイプのようだ。落語(三遊亭圓窓師匠主催「落語っ子連」門下生。
    芸名『三流亭まど絵』)。和太鼓、浮世絵収集、小唄、茶華道、酒の肴づくり、美術鑑賞、映画鑑賞、盆踊り、写真、CGなど。
     著書には、江戸文化と浮世絵、江戸料理の書物がベストセラー。『蔦重の教え』(飛鳥新社)のストーリーは、55歳、依願退職願いを強要された人生がけっぷちのサラリーマン、武村竹男(タケ)がタイムスリップした先で出会ったのは、「写楽」や「歌麿」を生み育てた江戸時代の超やり手プロデューサー、蔦屋重三郎(蔦重)だった! 時空を超えたビジネス実用エンタテインメント小説!である。『春画で学ぶ江戸かな入門』(幻冬舎)は、江戸のくずし字学習決定版!北斎・歌麿・國芳などの名作春画で、江戸のくずし字(変体かな)が楽しく学べる。『春画入門』(文春新書)は、大英博物館で記録的な成功を収めた「春画展」がついに日本へ。日本初の「春画展」(永青文庫で9/19〜12/23開催)を鑑賞する手引きとなる春画の基本の「き」を易しく面白く解説する入門書。
     江戸の料理書も車氏が得意とする分野。『江戸の食卓に学ぶ』(ワニブックス)は、世界無形文化遺産にも登録された「和食」のルーツは江戸時代にあった! 江戸料理の発祥、江戸っ子たちの食生活、蕎麦、うなぎ、鮨、天ぷらなど、当時世界一発達していた外食産業、グルメガイドやレシピ本の隆盛ぶりなど、江戸の「食」の魅力をあますところなく伝える一冊。現代でも簡単に作れる江戸料理レシピも満載!『今すぐ作れる江戸小鉢レシピ』(講談社+α文庫)は、「ちょっとつまみたい」「あともう一品!」というときにピッタリの、からだによくて、"おつ"な味。
    手間も時間もかからず、ごく簡単に作れる酒の肴と小鉢を厳選。とくにメタボ解消やダイエットにも効果的と思われる江戸料理68品を、現代の味覚に合わせたレシピで紹介。
  • このように、「いつか氏×車浮代氏」のトークイベントは、今までの(我々の)常識を超越した内容(面白さ、実用性)とキャラクターで受講者に迫ること必死だ。この機会をお見逃さずに受講をお勧めしたい。(T.S)

ページトップへ戻る