北海道自動車情報誌「カーピアCelhome(セロム)」は寒冷地の視点で車の特徴を紹介|発行:株式会社イベント工学研究所

エッセイコーナー

カーピアセロムで好評の「エッセイコーナー」。朝倉 賢氏(日本放送作家協会北海道支部長)のエッセイを
バックナンバーから毎月1篇ずつ抜粋して掲載していきます。

第50回

(2001年冬号) 札幌学のすすめ
 二車線の道なのに、片方の車線はガラ空きで、もう片方に長い列ができている。こんな状況に出喰わしたら、あなたはどっちの車線を選びますか。
 「先がどうなっているかは分からないが、列の後に付いた方が無難」
 「行けるだけ行ってから先の事を考えよう。少しでも早く走ったほうが良い」
 さて、行った先は工事中で、一車線になっていた。長い列の車はそのまま走るが、楽にここまで来た車はウインカーを出して割り込むしかない。
 「勝手にどんどん追い抜いてきて、ここで入らせろなんて、虫が良すぎる」というわけで普通は仲々割り込ませてもらえない。仕方がないから、少しずつ頭を出して、気の弱そうな直進の運転手の前に強引に割り込む。合流点でのせめぎ合いである。
 東京の車は、二つの道の合流点では、大体交互に一台ずつ入って順序良く流れる。東京に行くたびに私が感心することの一つである。大阪はそうは行かないらしい。気の強い方が先に行く。内気な運転者はいつまでも進めないらしい。
 札幌市内の高速道路のランプを降りて、一般道に入る時、いつも感じるのは、札幌人の運転心理は大阪に近いのでは、ということだ。一般道を走ってくる車は、仲々高速からの車を入れてくれない。一般道の車は意地悪である。
 ところが、自分が一般道を走っていて、高速のランプ脇まで来た時、すぐに進路をゆずってやるかと云えば、そうも行かない。前車との間隔を無理につめたりして、ウインカーの車を通せんぼをしてしまったりする。
 札幌人の心理は東京人に近いのかなと思っていたが、全てがそうだとは云いがたい。
 日常の観察の中から、札幌人の心理みたいなものを拾ってみて、それを積み重ねて分析して行けば、なにか新しい札幌が見えるかもしれない。

第51回

〜さっぽろ・消えた町かど(6)〜
 

(2006年盛夏号) 風物詩も様変わり
札幌の短かい夏は今が盛りだが、夏はいったいどんな事柄から始まるのだろうか。
 昔は六月十五日の札幌祭りが夏の到来を知らせる行事だった。でも現在では、祭りより先によさこいソーランで夏が来たなと感じる人のほうがずっと多くなったようだ。直かに踊り会場に行く機会がなくても、地下鉄で派手な踊り衣装のままで会場移動をする人たちに出喰わして、高揚した話し声がわあんと車内に響くのを聞いたりすると、「あゝ札幌の夏も変わったんだなあ」と感じてしまう。この乱舞に比べれば、神輿の渡御も山車の列も静かなものだ。サーカスや露店も中島公園でにぎわいはするものの、街じゅうを巻き込んでの祭礼にはほど遠い存在になってしまった。祭礼の最中、家々の玄関を飾った"軒花"も、普段は変哲もない静かな道がほんの数夜"色電気"で華やいだのも、昭和とともに忘れられた。
 札幌祭りが終わり、暑さが本格化し始めると"金魚売り"がやって来たものだった。のどかなふれ売りの怪声、天秤棒の両端に金魚の入った木の平桶とガラスの金魚鉢、ぶら下がってゆれる沢山の風鈴の涼し気な音色。そんな風物詩を知らない今の人達が気の毒のような気もする。
 八月に入れば七夕だ。子供にとっては夏休み最大の催しかもしれない。団塊の世代の人達の幼児・幼少期の夏は、ラジオ体操と七夕と海水浴と盆踊りが四大行事じゃなかっただろうか。
 七夕に願い事を短冊に書いて笹竹の枝につるして軒端にかざる。本来なら七月の行事だ。でも札幌は月遅れの八月。笹竹もないから、柳の低木を代りに使う。そして夜はカンテラを手に近所の家々を廻ってローソクをもらい歩く。カンテラはかんづめの空き缶と釘で作り、短冊も自作だった。柳の木は、豊平川の河原に密生していて、遠くから冒険でもするような気分で伐り出しに行ったものだった。その河原、今はすっかり公園化してしまって、今は後発の花火大会の会場の色合いが強い。盆踊りの熱気も冷えてしまった。
 季節の風物詩も時代の波に洗われて、様変わりしていってる、という事なのだろう。

ページトップへ戻る

バックナンバー

ページトップへ戻る

新世代店舗考

新世代店舗考 過去の記事